バンド

gooから移転しました。今後も応援よろしくお願いします。
フリースペース
なんかこれ、新着記事は下に連なるようです…直さないと…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思うように結果が出なかった今年のオーディション。
結構前(←オイw)に返ってきた採点用紙の一部や後で個人的に言われたことを乗っけたいと思います。

 よかったところ
・ギターの音が良かった。(←どうも^^)
・ギターのフリはシャープで良かったが、もうちょっとハタキみたいに。
 (↑ストロークのことかな?無駄な動きをしないことを意識しているのが顕著にあらわれたのかな。
   でもライヴは目で見るものでもあるし、もうちょっと見せるストロークも意識しろってことかな・・・)
・ドラムのビートが効いていた。(←やるじゃないw)
・独特の雰囲気が出てきた。(←狙ったとおりb)
・安定感がある。(←グルーヴは特に意識したからね…)
(・面白いバンドだったからかボーナスを入れてくれた先生もいる。)
(・フランジャーを弱くかけてコーラスとごまかしたのがばれなかった!)

悪かったところ
・ヴォーカルの声が小さい。
・ドラムにせっかくギターがよい感じに乗っているのに、ヴォーカルとベースが聞きづらかった。
・ヴォーカルはギターソロ間のワールド間を切らしてはいけない。
・ギタボ・ベスボによるハモリは努力したと見えるが、音量バランスが(ry
・ギターソロもう少し前面にアップしてもいいんじゃない?
・ヴォーカルの音程がちょっと不安定。
・迫力、盛り上がりが足りない。(←この曲に盛り上がり求めちゃダメでしょ。迫力が足りないだと!?)

・・・

ちょwwヴォーカルwwwというよりタヌ(PA頼んでいる人)wwww

確かにHighをあげ忘れて荒さや音圧があるソロを弾けなかったのは謝りますが…
悪かったところの大半は音量バランスじゃない?
全部マイク立ててあるんだからPAによって音量管理は結構できます。
ハウらず、ノイズが目立たない程度に。
なのにタヌは俺らの出番の前に帰ってしまいました。
PAは俺らの全体の仕上がりを知るはずも無いオーディションのお手伝いの先輩にやってもらいました。
gdgdすぎる…

でもやっぱり元の音量を上げるのは大切ですね。
機材であげるとしても、それまでに入り込んだノイズもブーストしてしまうわけですから。
今後はバンドサウンドの追求するとともに、ボイトレもやるか。もちろん、グルーヴ感を出すことも忘れずに。

はい、分かっていますよ。こういうの負け惜しみっていうんですよねwww
哀れんでください。生意気言って惨敗した俺を。
俺ざまぁwwwwwww
グハハハァアアハハぁぁぁ


文化祭でのコマは、教室コマ2(30分×2)、食堂コマ1(25分×1)とれました。
夜祭は来年(やるのか?)に持ち越しかよwwwってか取れるのかwww

文化祭でやる曲が決まっていません(←ヤバいだろ)
ここはレディオヘッドのCreep…(ピチューン
ラルクのLinkとレッジャンのFace Downはどうかって話し合っています。真面目なバンドになった。

でもまぁ、実験的なバンドも面白かったです。
あんな曲でも上位に食い込めるものですね。
スポンサーサイト
スケールの答え。
F#メジャースケールっす。
本当はコード理論とか絡んできるけど、面倒だから省略。

文化祭がとっくの昔に終わりました。
何で更新なかったかって?
浮かれていたからだよwwww
サーセン・・・

で、ライヴはどうだったかって?
あ~、演奏としてはよかったんじゃない?
バンドとしては?
最悪だと思いました。
楽器は学生としては完璧なはずだけど、なんというか、盛り上がりが死んでいる。
Voは棒立ちで歌ってるし、演奏も突っ立っている。
自分は体を揺らすとかそれくらいのパフォーマンスは入れたけどそれ以上は流石に周りとの調和が
取れなくなるようだからやめておいた。
友達にぶっちゃけた感想を求めてみた。
「ライヴというよりコンサート向きだな」
発言内容は自分が勝手に言い換えているけど。
そんなものでした。
これって改善できる問題っすかねぇ…。
やっぱり個人としての性格や行動があらわになるのは百も承知だし。
今のところの自分はそういうものだとあきらめています。
ぶっちゃけた今の感想はこのバンドに対する情熱が大きく欠損しています。

そんな成り行きがあったのか新しくバンドを結成しようとしています。
メンバーは自分を入れて4人集まりました。
1人はTonedeaf Sirenからドラマー(Swimmer)から入りたいって言われたので、加入をお願いしました。
もう2人はバンドやりたいって人で、経験はちょっと楽器に触れたくらいってくらいのまったくの素人ですが、
バンドに対するパフォーマンスやモチベーションが高いみたいで、一緒にバンド結成活動していて楽しいです。
それと、彼らとなら曲決めがものすごく楽です。
やりたい曲をどんどん投げかけてくれるので、いい選曲がしやすいです。

今の状況です
(○=決定 ×=募集中 括弧内は今後練習予定楽器。初心者の人もカッコ内)

○:Lead Guitar(&Bass&Vo) ←俺
○:Drum(&Back Guitar) ←Swimmer
○:(Drum&Bass&Vo)
○:(Lead Guitar&Back Guitar&Vo)
×:Vo&Key

掛け持ち多いですけど、まぁこれができると機動力もパフォーマンスもいいってことで目標に。


バンドについての話はこの辺かな。
この一ヶ月間に結構出来事あったんだけど、一気に書いてもgdgdな記事になるので、
まぁこの辺でとぎります。

最後に新バンドでのやる予定曲を紹介

・Sum41 - Still Waiting



・The Offspring - All I want



・The Red Jumpsuit Apparatus - Face down
前乗っけたから省略

・Green Day - American Idiot



ギターを教える段階ではピックの持ち方やギターを弾く姿勢からになっているけど、
まぁ文化祭最後のライヴになるから、みんなでがんばって今度こそ後悔が無いようにしたい。
バンド出場の最高学年だしなぁ…
先週の金曜(もう一週間たっているしw)に新結成したバンドでのスタジオ練習がありました。

短い時間なら某学校近くのスタジオを借りているのですが、あそこ苦手・・・
ハウリングゾーンが多すぎ、ってか安全圏がわからないこととか、
ギターアンプの不備。これが自分にとって一番大きいですね。
ギターアンプが3つ備えられており、本来ならばどれを使うかの選択権を下さるはずなんだけど、
半分以上のインプットジャックのナットが無くなっており、使える状況じゃない。それくらい直してくれよ・・・。
一応批判的な内容なので、名前は伏せておきました。
さて、今回は『studio J』さんのスタジオを借りさせて頂きました。
なんというか・・・あそこは神です。もの凄くありがたいです。
値段が1時間999円と超良心的!(C,Dスタジオ)
しかも機材は100W以上のアンプを使わせてもらえる!
ミキサーでipodなどの音源を簡単に流せるようにセットしてくれている!ハウリングしにくい!
エアコンはもちろんの事、扇風機も置かれている!(あまり重要じゃない?)会員登録は無料!

まだ凄いとこがあります。
メンバーの1人が会員登録書を忘れたんですが、登録させれくれた!もの凄いサービスだと思います・・・。しかも!
16~18時にスタジオを取っていたんですが、
これもメンバーの一人の急用のため、前日に17~18時に練習出られないと言われたのですが、
15~17時にいけたら時間変更しようと連絡をしてみたのですが、前日に(←重要)。
そうしたら17~18時のキャンセル料無しに、ついで15~16時は空いているので、使わせてくれたとのこと!!!
もう、神です。何も文句はありませんよ・・・


前置きが長くなりましたが、反省にうつろうと思います。
まぁいきなりあまりくどくど改善点を言ってもしょうがない以前に仕方ない部分がまだ多いので、大切な事だけ。
・・・といってもあまりないんだよね。
みんな予想以上にしっかり練習してくれているみたいだし。

B君(ギタボ担当)は手を動かすのと口を動かすことにどんどんなれて行く事。
それと、音程をしっかりと取れること、裏声地声の使い分け、ヴィブラートとかの技法も学んでいこうといった感じかな。
こっちの無茶ぶりでGiven upを歌った時はちょっと驚いたわ。

M君(ベースサブボコーラス担当)は音が途切れないように注意。レガートってことかな。あとはもっと音を出していいと思うかな。
機材の使い方を結構勉強していて正直驚いたわ。
こっちの担当場所の連絡が遅れたためか、ハモり入る部分の練習が足りなかったのかな。ごめんなさい。

睡魔(ドラム担当)。今は無し。

俺(ギターサブボコーラス担当)。歌の練習が必要ですねww
All I wantとかFace downを堂々と間違ったフレーズ弾いていてごめんなさい。気づいていたよね・・・?

B君とM君に共通しているのは自分が出している音に敏感になってもらいたいかな。
まだ音作りのイメージポイントとか話してないけど、まぁ適当に設定いじって、自分が出したい理想の音を試行錯誤で
作っていると同時に、どこをどういじるとどうなるか、これを使うとどうなるかとか経験をつんで言って欲しいのが一点。
あとは音量。大音量での演奏は普段できない環境にあるからなれないと思いますが、徐々に慣れて言って欲しいと思う。
やっぱりジャンルもジャンルで耳に心地よく届くより、生演奏でしか味わえない音圧っていうのかな、ベースとか顕著に
体に振動が伝わるのが分かるよね?あれですよ。
やっぱりそういった部分も生演奏を聞かせる上で大事な部分だと思うな。個人の勝手な考えだけど。


全体としてはまぁこんだけの期間で完璧にはまだ遠いものの合わせ練に入れてうれしいです。
今年のオーディション時期に向けてはまだ順調とは言い切れないものの頑張っていこうかなって感じかな。

合わせした曲としての反省。

・Face down
全部の箇所完全に入ったわけじゃないからまだなんとも言えないかな。
それなりに完成度があるとおもう。ヴォーカルの音程強化、スクリームの練習と最終的なサウンドチェックで完璧かな?

・All I want
まだまだ練習が必要。リズムが乱れがち。これ超大事だと思うのでこれ以上何も触れません(´-`)


なんか脈絡が無い文章がだらだらと続いているような・・・
ってかこんな時間に何やっているんだろ・・・(´Д`)ハァ…

 | Copyright © Sound with … All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。